m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

外科医別の術後転帰報告制度、導入後に90日死亡率低下

2018年6月25日  ソース:BMJ  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

大腸癌患者約11万例を対象に、英国で外科医別の大腸癌手術後転帰公的報告制度の影響を集団ベースコホート研究で検討した。その結果、制度導入前と導入後で、拡大切除術および待機的拡大切除術の施行率に変化はなか...

文献:Vallance AE et al. Effect of public reporting of surgeons' outcomes on patient selection, "gaming," and mortality in colorectal cancer surgery in England: population based cohort study. BMJ. 2018 May 2;361:k1581. doi: 10.1136/bmj.k1581.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。