m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

椎体形成術の疼痛緩和効果、偽手術と有意差なし(2018/07/02訂正あり)

2018年6月26日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患

急性骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折患者180例を対象に、経皮的椎体形成術の疼痛緩和効果を無作為化偽手術対照試験で検討した(VERTOSIV試験)。その結果、椎体形成術群および偽手術群ともに、ベースラインと比較...

文献:Firanescu CE et al. Vertebroplasty versus sham procedure for painful acute osteoporotic vertebral compression fractures (VERTOS IV): randomised sham controlled clinical trial. BMJ. 2018 May 9;361:k1551. doi: 10.1136/bmj.k1551.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。