m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

腹部大手術中の輸液量制限、急性腎障害と関連

2018年6月27日  ソース:NEJM  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患救急

オーストラリアで合併症リスクが高い腹部大手術を施行した患者2983例を対象に、術中の輸液制限と非制限の効果を実践的試験で比較した。その結果、主要評価項目に規定した1年無障害生存率は輸液制限群81.9%...

文献:Myles PS et al. Restrictive versus Liberal Fluid Therapy for Major Abdominal Surgery. N Engl J Med. 2018 Jun 14;378(24):2263-2274. doi: 10.1056/NEJMoa1801601. Epub 2018 May 9.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。