m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

頸椎の退行変性、必ずしも臨床症状の発現と関連せず

2018年7月2日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 整形外科疾患その他

日本で1993-96年に頸椎のMRIを受けた健常者497例のコホートから193例を対象に、20年間の頸椎の退行変性を前向き縦断研究で調査した。その結果、20年間で対象者の95%にMRI画像上で頸椎変性...

文献:Daimon K et al. A 20-Year Prospective Longitudinal Study of Degeneration of the Cervical Spine in a Volunteer Cohort Assessed Using MRI: Follow-up of a Cross-Sectional Study. J Bone Joint Surg Am. 2018 May 16;100(10):843-849. doi: 10.2106/JBJS.17.01347.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。