m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

カナキヌマブ、遺伝性周期性発熱症候群に有効

2018年7月6日  ソース:NEJM  カテゴリ: 感染症投薬に関わる問題

イタリアで反復性発熱を特徴とする遺伝性周期性発熱症候群(コルヒチン抵抗性家族性地中海熱[crFMF]、メバロン酸キナーゼ欠損症[MKD]、腫瘍壊死因子受容体関連周期性症候群[TRAPS])の再燃患者を...

文献:De Benedetti F et al. Canakinumab for the Treatment of Autoinflammatory Recurrent Fever Syndromes. N Engl J Med. 2018 May 17;378(20):1908-1919. doi: 10.1056/NEJMoa1706314.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。