m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

敗血症初期、酸素飽和度70%未満持続で死亡率増

2018年7月9日  ソース:Chest  カテゴリ: 呼吸器疾患救急

重症敗血症患者を対象としたALBIOS試験の後ろ向き解析を実施。試験登録時の中心静脈血酸素飽和度(ScvO2)70%未満の514例と70%以上の961例でScvO270%未満の持続と死亡率の関連を評価...

文献:Protti A et al. Persistence of Central Venous Oxygen Desaturation During Early Sepsis Is Associated With Higher Mortality: A Retrospective Analysis of the ALBIOS Trial. Chest. 2018 May 19. pii: S0012-3692(18)30738-4. doi: 10.1016/j.chest.2018.04.043. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。