m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

臼後三角の扁平上皮癌、OS予測因子は?

2018年7月9日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患

米国の監視疫学遠隔成績プログラム(SEER)に登録された臼後三角の扁平上皮癌患者4022例を対象に、生存に影響を及ぼす因子を後ろ向きコホート研究で検討した。その結果、全生存期間(OS)中央値は、ステー...

文献:Rizvi ZH et al. Treatment outcomes of patients with primary squamous cell carcinoma of the retromolar trigone. Laryngoscope. 2018 May 14. doi: 10.1002/lary.27234. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。