m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠中のビタミンD摂取で胎児の胎内発育遅延リスク低下

2018年7月12日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患

妊娠中のビタミンD摂取と出生児の転帰を検討した無作為化比較試験24件(参加者5405例)のデータを基に、系統的レビューおよびメタ解析で両者の関連性を評価した。その結果、ビタミンD補充と胎内発育遅延児(...

文献:Bi WG et al. Association Between Vitamin D Supplementation During Pregnancy and Offspring Growth, Morbidity, and Mortality: A Systematic Review and Meta-analysis. JAMA Pediatr. 2018 Jul 1;172(7):635-645. doi: 10.1001/jamapediatrics.2018.0302.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。