m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復、3D頭部装着ディスプレイが有用

2018年7月12日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

ドイツで症候性鼠径ヘルニア患者を対象に、腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術の成績に対する新規3D頭部装着型ディスプレイ(HMS-3000MT)を用いた3D画像の影響を無作為化試験で比較した。その結果、3D頭部...

文献:Patrzyk M et al. Randomized study of the influence of two-dimensional versus three-dimensional imaging using a novel 3D head-mounted display (HMS-3000MT) on performance of laparoscopic inguinal hernia repair. Surg Endosc. 2018 May 17. doi: 10.1007/s00464-018-6215-z. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。