m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

正中弓状靱帯圧迫症候群の術後転帰予測

2018年7月13日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患その他

正中弓状靱帯圧迫症候群(MALS)患者42例を対象に、正中弓状靱帯圧迫解除後の転帰予測モデルを開発した。腹腔鏡下の圧迫解除術後、SF-36の全尺度に著明な改善が見られた。手術の便益予測に対するロジステ...

文献:Brody F et al. A predictive model for patients with median arcuate ligament syndrome. Surg Endosc. 2018 May 29. doi: 10.1007/s00464-018-6240-y. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。