m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

50歳以下の憩室炎、腹腔鏡下術増加で創感染率低下の傾向

2018年7月24日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

2005-14年の米国外科学会の手術の質改善プログラム(NSQIP)データベースから50歳以下の憩室炎患者1万844例を対象に、2005-10年(グループ1)と2011-14年(グループ2)の患者背景...

文献:Dean M et al. Surgical outcomes for diverticulitis in young patients: results from the NSQIP database. Surg Endosc. 2018 Jun 5. doi: 10.1007/s00464-018-6256-3. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。