m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

csDMARDが奏効しない関節リウマチ、upadacitinib併用で疾患活動性抑制

2018年7月31日  ソース:Lancet  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患リウマチ整形外科疾患

従来型合成疾患修飾性抗リウマチ薬(csDMARD)が奏効しないで効果が不十分な中等症ないし重症活動性関節リウマチ患者661例を対象に、csDMARDに併用したヤヌスキナーゼ1選択的阻害薬upadaci...

文献:Burmester GR et al.Safety and efficacy of upadacitinib in patients with rheumatoid arthritis and inadequate response to conventional synthetic disease-modifying anti-rheumatic drugs (SELECT-NEXT): a randomised, double-blind, placebo-controlled phase 3 trial.Lancet. 2018 Jun 23;391(10139):2503-2512. doi: 10.1016/S0140-6736(18)31115-2. Epub 2018 Jun 18.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。