m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

早産が出生児のADHDリスク上昇と関連

2018年8月10日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患

小児11万3227人を対象に、在胎期間と注意欠陥多動性障害(ADHD)症状の関連を人口ベースの前向きコホート研究で検討。在胎期間の異なる同胞との比較により、遺伝的および環境的因子を調整した。5歳時(就...

文献:Ask H et al. Association of Gestational Age at Birth With Symptoms of Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder in Children. JAMA Pediatr. 2018 Jun 25. doi: 10.1001/jamapediatrics.2018.1315. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。