m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

インスリンアナログとNPH製剤、入院リスクに有意差なし

2018年8月16日  ソース:JAMA  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題

米国で基礎インスリン療法を開始した2型糖尿病患者2万5489例を対象に、持効型インスリンアナログ開始とプロタミン含有中間型(NPH)インスリン開始による低血糖関連の救急科(ED)受診または入院のリスク...

文献:Lipska KJ et al. Association of Initiation of Basal Insulin Analogs vs Neutral Protamine Hagedorn Insulin With Hypoglycemia-Related Emergency Department Visits or Hospital Admissions and With Glycemic Control in Patients With Type 2 Diabetes. JAMA. 2018 Jul 3;320(1):53-62. doi: 10.1001/jama.2018.7993.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。