m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

糖尿病網膜症へのラニビズマブ vs. 光凝固法

2018年8月17日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患眼科疾患投薬に関わる問題

米国でラニビズマブ硝子体内投与または汎網膜光凝固を用いて治療した増殖糖尿病網膜症328眼およびベースラインで視力障害を来す糖尿病性黄斑浮腫(DME)がなかった302眼を対象に、視力変化またはDME発症...

文献:Bressler SB et al. Panretinal Photocoagulation Versus Ranibizumab for Proliferative Diabetic Retinopathy: Factors Associated with Vision and Edema Outcomes. Ophthalmology. 2018 Jul 3. pii: S0161-6420(18)30577-3. doi: 10.1016/j.ophtha.2018.04.039. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。