m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

BRAF変異型大腸癌肝転移の臨床転帰と予後因子を分析

2018年9月3日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

2001-16年に3施設で肝切除術を施行した大腸癌肝転移患者4124例のうち、転移巣の完全切除が得られBRAF遺伝子変異の有無が判明している1497例を対象に、臨床転帰と予後因子を解析した。その結果、...

文献:Gagnière J et al.Is Hepatectomy Justified for BRAF Mutant Colorectal Liver Metastases?: A Multi-institutional Analysis of 1497 Patients.Ann Surg. 2018 Jul 10. doi: 10.1097/SLA.0000000000002968. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。