m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

脚長不等矯正術の最終測長差予測、乗数法は正確度低い

2018年9月3日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 整形外科疾患

米国で脚長差矯正のため骨端固定術を施行した患者77例を対象に、成長した時点で残存する脚長差を予測する4種類の方法(White-Menelaus法、Anderson-Green法、Moseley法、乗数...

文献:Makarov MR et al.Timing of Epiphysiodesis to Correct Leg-Length Discrepancy: A Comparison of Prediction Methods.J Bone Joint Surg Am. 2018 Jul 18;100(14):1217-1222. doi: 10.2106/JBJS.17.01380.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。