m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

結腸癌の腹腔鏡下手術、開腹移行予測にグラスゴー予後スコアが有用

2018年9月7日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

腹腔鏡下結腸癌切除術を施行した患者308例のデータを基に、術前のグラスゴー予後スコア(GPS)で腹腔鏡下手術から開腹手術への移行を予測できるかどうかを検討した。その結果、308例中28例(9.1%)が...

文献:Iwasaki Y et al. A high preoperative Glasgow prognostic score predicts a high likelihood of conversion from laparoscopic to open surgery in patients with colon cancer. Surg Endosc. 2018 Jul 25. doi: 10.1007/s00464-018-6369-8. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。