m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

コペプチン値による尿崩症診断、水制限試験よりも高精度

2018年9月11日  ソース:NEJM  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患血液疾患腎・泌尿器疾患検査に関わる問題

高張食塩水負荷試験で測定した血漿コペプチン値に基づく尿崩症診断の精度を従来の水制限試験と比較すべく、低張多尿を呈する患者144例に両試験を実施。既往歴や治療反応性などに基づく最終診断は82例が原発性多...

文献:Fenske W et al.A Copeptin-Based Approach in the Diagnosis of Diabetes Insipidus.N Engl J Med. 2018 Aug 2;379(5):428-439. doi: 10.1056/NEJMoa1803760.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。