m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

2013年NYの麻疹流行、ワクチン未接種が拡大の一因

2018年9月12日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患感染症その他

2013年に米国ニューヨーク市で発生した麻疹大流行の疫学的状況および公衆衛生負担を検討した。その結果、2013年3月13日から6月9日に麻疹患者58例(0-32歳)が確認された。そのうち45例(78%...

文献:Rosen JB et al. Public Health Consequences of a 2013 Measles Outbreak in New York City. JAMA Pediatr. 2018 Sep 1;172(9):811-817. doi: 10.1001/jamapediatrics.2018.1024.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。