m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

EBUS-TBNA検体を用いたPD-L1検査の精度は?

2018年9月12日  ソース:Chest  カテゴリ: 呼吸器疾患一般外科疾患

進行非小細胞肺癌(NSCLC)の外科的切除前に超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)を施行した患者61例を対象に、EBUS-TBNA検体を用いたプログラム死リガンド1(PD-L1)検査の精...

文献:Sakata KK et al. Comparison of Programmed Death Ligand-1 Immunohistochemical Staining Between Endobronchial Ultrasound Transbronchial Needle Aspiration and Resected Lung Cancer Specimens. Chest. 2018 Jul 27. pii: S0012-3692(18)31111-5. doi: 10.1016/j.chest.2018.07.017. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。