m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

思春期サッカー選手の心臓突然死、10万人当たり6.8件

2018年9月18日  ソース:NEJM  カテゴリ: 循環器疾患小児科疾患整形外科疾患

1996-2016年にイングランドサッカー協会心臓スクリーニング検査を受けた思春期(平均年齢16.4±1.2歳)のサッカー選手1万1168例を対象に、心臓突然死の発生率および原因を検討した。その結果、...

文献:Malhotra A et al. Outcomes of Cardiac Screening in Adolescent Soccer Players. N Engl J Med. 2018 Aug 9;379(6):524-534. doi: 10.1056/NEJMoa1714719.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。