m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

腹壁ヘルニア修復の再発予測因子判明

2018年9月19日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 一般外科疾患

2006年に初めて報告した前方アプローチによる腹壁瘢痕ヘルニア修復(preperitonealventralherniarepairPP-VHR)の長期予後を観察試験で検討。2004-16年に実施され...

文献:Heniford BT et al. Preperitoneal Ventral Hernia Repair: A Decade Long Prospective Observational Study With Analysis of 1023 Patient Outcomes. Ann Surg. 2018 Aug 3. doi: 10.1097/SLA.0000000000002966. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。