m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

胸壁複合損傷の早期固定術、短期的転帰を改善

2018年9月20日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 整形外科疾患

胸壁複合損傷の肋骨骨折に対する内固定術を施行した患者102例(胸部単独外傷38例、多発外傷64例)を対象に、後ろ向き解析で転帰を検討した。その結果、53例が集中治療室(ICU)への入室を要した(平均入...

文献:Iqbal HJ et al. Early Surgical Stabilization of Complex Chest Wall Injuries Improves Short-Term Patient Outcomes. J Bone Joint Surg Am. 2018 Aug 1;100(15):1298-1308. doi: 10.2106/JBJS.17.01215.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。