m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

cfDNA検査は流産率低下につながらず

2018年9月28日  ソース:JAMA  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

妊娠初期検査で胎児の21トリソミーリスクが高いと判定された妊娠後期の妊婦2051例を対象に、cell-freeDNA(cfDNA)検査で陽性の場合のみ侵襲的検査(羊水穿刺または絨毛生検)を実施する場合...

文献:Malan V et al. Effect of Cell-Free DNA Screening vs Direct Invasive Diagnosis on Miscarriage Rates in Women With Pregnancies at High Risk of Trisomy 21: A Randomized Clinical Trial. JAMA. 2018 Aug 14;320(6):557-565. doi: 10.1001/jama.2018.9396.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。