m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

TKA後の抗凝固薬、関節マニピュレーション施行率に影響

2018年9月28日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 整形外科疾患投薬に関わる問題

人工膝関節全置換術(TKA)施行後、退院2日以内に抗凝固薬を処方した患者3万2320例を対象に、種々の抗凝固薬が麻酔下膝関節マニピュレーションを要する術後硬直に及ぼす影響を検討した。その結果、術後6カ...

文献:Kahlenberg CA et al. Type of Anticoagulant Used After Total Knee Arthroplasty Affects the Rate of Knee Manipulation for Postoperative Stiffness. J Bone Joint Surg Am. 2018 Aug 15;100(16):1366-1372. doi: 10.2106/JBJS.17.01110.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。