m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

分娩痛にレミフェンタニルPCAが有望

2018年10月1日  ソース:Lancet  カテゴリ: 産婦人科疾患投薬に関わる問題その他

英国で分娩時の鎮痛を希望する妊娠37週以上の女性400例を対象に、レミフェンタニル静注による患者管理鎮痛法(PCA)およびペチジン筋注の分娩時硬膜外麻酔移行率を非盲検無作為化試験で比較した。その結果、...

文献:Wilson MJA et al. Intravenous remifentanil patient-controlled analgesia versus intramuscular pethidine for pain relief in labour (RESPITE): an open-label, multicentre, randomised controlled trial. Lancet. 2018 Aug 25;392(10148):662-672. doi: 10.1016/S0140-6736(18)31613-1. Epub 2018 Aug 13.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。