m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

肺病変診断率、極細径気管支鏡使用の有無で有意差なし(2018/10/10訂正あり)

2018年10月4日  ソース:Chest  カテゴリ: 呼吸器疾患その他

肺病変に対する診断的気管支鏡検査を受けた患者197例を対象に、X線透視法を用いた標準的気管支鏡検査(SB-F)と極細径気管支鏡を用いたラジアル走査式の気管支腔内超音波検査(TB-EBUS)の肺病変診断...

文献:Tanner NT et al. Standard Bronchoscopy With Fluoroscopy vs Thin Bronchoscopy and Radial Endobronchial Ultrasound for Biopsy of Pulmonary Lesions: A Multicenter, Prospective, Randomized Trial. Chest. 2018 Aug 23. pii: S0012-3692(18)32240-2. doi: 10.1016/j.chest.2018.08.1026. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。