m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

乾癬の生物学的療法、有効性の予測因子を特定

2018年10月11日  ソース:Br J Dermatol  カテゴリ: 皮膚疾患

英国のファーマコビジランス研究BADBIRから生物学的療法未施行の乾癬患者を対象に、生物学的療法の有効性予測因子を縦断コホート研究で検証した。その結果、6カ月時の「乾癬の面積と重症度の指標(PASI)...

文献:Warren RB et al. Identifying demographic, social and clinical predictors of biologic therapy effectiveness in psoriasis: a multicentre longitudinal cohort study. Br J Dermatol. 2018 Aug 28. doi: 10.1111/bjd.16776. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。