m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

肝性胸水の留置カテ、感染リスクは

2018年10月12日  ソース:Chest  カテゴリ: 呼吸器疾患消化器疾患感染症

肝硬変に合併する難治性肝性胸水患者79例を対象に、留置胸腔カテーテルの安全性と実行可能性を後ろ向き多施設試験で検討した。その結果、カテーテル留置期間中央値は156日だった。8例(10%)で胸膜腔感染症...

文献:Shojaee S et al. Indwelling Tunneled Pleural Catheters for Refractory Hepatic Hydrothorax in Patients With Cirrhosis: A Multicenter Study. Chest. 2018 Aug 29. pii: S0012-3692(18)32281-5. doi: 10.1016/j.chest.2018.08.1034. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。