m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

冠動脈炎の新バイオマーカー、予後予測に有用

2018年10月17日  ソース:Lancet  カテゴリ: 循環器疾患その他

冠動脈炎を非侵襲的に検出する新規バイオマーカー、血管周囲脂肪減衰指数(FAI)の臨床転帰予測能を解析コホート1872例と検証コホート2040例の前向きデータの事後解析で検討した(CRISPCT試験)。...

文献:Oikonomou EK et al. Non-invasive detection of coronary inflammation using computed tomography and prediction of residual cardiovascular risk (the CRISP CT study): a post-hoc analysis of prospective outcome data. Lancet. 2018 Sep 15;392(10151):929-939. doi: 10.1016/S0140-6736(18)31114-0. Epub 2018 Aug 28.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。