m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

頸椎前方固定術中のステロイドで術後嚥下障害減

2018年10月18日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 整形外科疾患投薬に関わる問題

頸椎プレートを用いた頸椎前方除圧固定術(ACDF)施行患者75例を対象に、術中ステロイド局所投与(トリアムシノロン)と静注(デキサメタゾン)の効果を単盲検前向き無作為化試験で比較。嚥下障害、発声障害、...

文献:Jenkins TJ et al. The Effect of Local Versus Intravenous Corticosteroids on the Likelihood of Dysphagia and Dysphonia Following Anterior Cervical Discectomy and Fusion: A Single-Blinded, Prospective, Randomized Controlled Trial. J Bone Joint Surg Am. 2018 Sep 5;100(17):1461-1472. doi: 10.2106/JBJS.17.01540.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。