m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

自殺者の慢性疼痛有病率8.8%、米調査

2018年10月23日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 精神科疾患投薬に関わる問題その他

米国で2003-14年に自殺した12万3181例のデータを基に、自殺例の慢性疼痛有病率および慢性疼痛の有無による自殺者の特徴を後ろ向き解析で検討した。その結果、1万789例(8.8%)が慢性疼痛を有し...

文献:Petrosky E et al. Chronic Pain Among Suicide Decedents, 2003 to 2014: Findings From the National Violent Death Reporting System. Ann Intern Med. 2018 Oct 2;169(7):448-455. doi: 10.7326/M18-0830. Epub 2018 Sep 11.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。