m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

骨髄異形成症候群、移植後変異残存で疾患進行リスク増

2018年10月25日  ソース:NEJM  カテゴリ: 血液疾患

骨髄破壊的または減量強度前処置後に同種造血幹細胞移植を施行した骨髄異形成症候群(MDS)患者86例の骨髄および皮膚検体を用いて、移植後に検出された遺伝子変異と疾患進行および生存との関連を探索研究で検討...

文献:Duncavage EJ et al. Mutation Clearance after Transplantation for Myelodysplastic Syndrome. N Engl J Med. 2018 Sep 13;379(11):1028-1041. doi: 10.1056/NEJMoa1804714.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。