m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

睡眠時無呼吸でAF発症リスク増?

2018年10月30日  ソース:Chest  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患循環器疾患耳鼻咽喉科疾患

初回診断時の睡眠検査で不整脈がなかった閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)成人患者8256例を対象に、OSAと入院を要する心房細動(AF)新規発症の関連を歴史的コホート研究で検討。OSA重症度を無呼吸低呼吸指...

文献:Kendzerska T et al. Sleep Apnea Increases the Risk of New Hospitalized Atrial Fibrillation: A Historical Cohort Study. Chest. 2018 Sep 19. pii: S0012-3692(18)32437-1. doi: 10.1016/j.chest.2018.08.1075. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。