m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

2-6歳時に肥満だと思春期の肥満リスク増

2018年11月9日  ソース:NEJM  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患小児科疾患

小児5万1505人を対象に、小児期(0-14歳)の体格指数(BMI)と思春期(15-18歳)の持続性の肥満持続傾向が決定されるかを後ろ向き解析および前向き解析で検討した。後ろ向き解析の結果、思春期に標...

文献:Geserick M et al. Acceleration of BMI in Early Childhood and Risk of Sustained Obesity. N Engl J Med. 2018 Oct 4;379(14):1303-1312. doi: 10.1056/NEJMoa1803527.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。