m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

初回喘鳴時のアトピー感作が気管支反応性亢進の危険因子

2018年11月13日  ソース:Allergy  カテゴリ: 呼吸器疾患アレルギー疾患小児科疾患

生後3-23カ月時に初回の重度ウイルス性喘鳴を発症した小児76例を対象に、喘鳴発症時の患者背景と就学前肺機能の関連を検討。初回喘鳴発症時のライノウイルス陽性率は75%、感作率は30%だった。4年後の再...

文献:Leino A et al. Pulmonary function and bronchial reactivity 4 years after the first virus-induced wheezing. Allergy. 2018 Aug 24. doi: 10.1111/all.13593. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。