m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠中のTdapワクチン、最適な接種時期を特定

2018年11月16日  ソース:JAMA  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患感染症

米国で妊娠女性626例を対象に、妊娠27-36週の破傷風・ジフテリア・無細胞百日咳(Tdap)ワクチン接種と新生児の百日咳毒素抗体濃度との関連および抗体濃度が最も高くなる至適接種時期を前向き観察コホー...

文献:Healy CM, et al. Association Between Third-Trimester Tdap Immunization and Neonatal Pertussis Antibody Concentration. 2018; 320:1464-1470.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。