m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

カナキヌマブで痛風発作リスク低下

2018年11月19日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患整形外科疾患投薬に関わる問題

心筋梗塞の既往があり高感度C反応性蛋白19.1nmol/L以上の患者1万59例を対象とした無作為化比較試験の探索的解析で、抗インターロイキン-1β抗体カナキヌマブと血清尿酸値および痛風発作との関連を検...

文献:Solomon DH et al. Relationship of Interleukin-1β Blockade With Incident Gout and Serum Uric Acid Levels: Exploratory Analysis of a Randomized Controlled Trial. Ann Intern Med. 2018 Oct 16;169(8):535-542. doi: 10.7326/M18-1167. Epub 2018 Sep 18.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。