m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

過度の中枢気道虚脱患者、半数がGERD併発

2018年11月22日  ソース:Chest  カテゴリ: 呼吸器疾患消化器疾患

過度の中枢気道虚脱(ECAC)を有する患者139例を対象に、胃食道逆流症(GERD)有病率を後ろ向き研究で検討した。その結果、食道内ph検査に基づくGERD有病率は45.3%だった。GERD併発患者で...

文献:Majid A et al. The Prevalence of Gastroesophageal Reflux in Patients With Excessive CentralAirway Collapse. Chest. 2018 Oct 9. pii: S0012-3692(18)32561-3. doi: 10.1016/j.chest.2018.09.021. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。