m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

アレルギー性疾患児で腸内細菌叢の変化を特定

2018年11月27日  ソース:Allergy  カテゴリ: アレルギー疾患小児科疾患

小児93例の生後4、6、13カ月および8歳時の便検体を用いて、アレルギー性疾患児の一時的および長期的な腸内細菌叢の変化を前向き研究で検討。8歳時点で、21例がIgE関連のアレルギー性疾患と診断され、9...

文献:Simonyté Sjödin K et al. Temporal and long-term gut microbiota variation in allergic disease: A prospective study from infancy to school age. Allergy. 2018 May 22. doi: 10.1111/all.13485. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。