m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

多発性鼠経ヘルニアの関連因子に「高齢」

2018年11月28日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

経腹腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP)を施行した初発鼠径ヘルニア患者634例を対象に、年齢とヘルニア種別の関連を後ろ向きに検討した。その結果、潜在性対側ヘルニアの発症率は60歳未満群7.3%、60...

文献:Fukushima K et al. Impact of age on groin hernia profiles observed during laparoscopic transabdominal preperitoneal hernia repair. Surg Endosc. 2018 Oct 24. doi: 10.1007/s00464-018-6556-7. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。