m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

オマリズマブ、蕁麻疹病変部の遺伝子発現を正常化

2018年11月30日  ソース:Allergy  カテゴリ: アレルギー疾患皮膚疾患投薬に関わる問題その他

慢性特発性蕁麻疹患者30例を対象に、皮膚生検での遺伝子発現に対するオマリズマブの効果を無作為化二重盲検プラセボ対照試験で検討した。ベースラインで63の転写物の発現状況が病変部と非病変部で異なり、この病...

文献:Metz M et al. Omalizumab normalizes the gene expression signature of lesional skin in patients with chronic spontaneous urticaria: A randomized, double-blind, placebo-controlled study. Allergy. 2018 Jul 5. doi: 10.1111/all.13547. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。