m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

多発性嚢胞腎に対するランレオチド、腎機能低下抑制効果認めず

2018年12月3日  ソース:JAMA  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)患者309例を対象に、ランレオチドの腎機能に対する効果を非盲検無作為化臨床試験で検討。261例(85.6%)が試験を完遂した。追跡調査期間2.5年で、年間推算糸球...

文献:Meijer E et al. Effect of Lanreotide on Kidney Function in Patients With Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease: The DIPAK 1 Randomized Clinical Trial. JAMA. 2018 Nov 20;320(19):2010-2019. doi: 10.1001/jama.2018.15870.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。