m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ルーワイ胃バイパス術、減量効果は高いが有害事象発生率も高い

2018年12月4日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 消化器疾患内分泌・代謝疾患一般外科疾患

肥満手術を受けたBMI35kg/m2>以上の20-79歳患者6万5093例を対象に、ルーワイ胃バイパス術(RYGB)、スリーブ状胃切除術(SG)および調節性胃バンディング術(AGB)の長期的な有効性お...

文献:Arterburn D et al. Comparative Effectiveness and Safety of Bariatric Procedures for Weight Loss: A PCORnet Cohort Study. Ann Intern Med. 2018 Oct 30. doi: 10.7326/M17-2786. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。