m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

固定プレートとスクリューの偏心で周囲骨折のリスク増?

2018年12月7日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 整形外科疾患

骨粗鬆症性左上腕骨の第4世代複合材料模擬骨20例で、固定プレートと端部スクリューの偏心によるインプラント周囲骨折リスクを検討。プレートが中央位置、最近位(第6穴)、スクリューが中央位置のノンロッキング...

文献:Namm JD et al. The Impact of Eccentric Diaphyseal Plate and Screw Placement on the Risk of Peri-Implant Fracture. J Bone Joint Surg Am. 2018 Oct 17;100(20):1765-1770. doi: 10.2106/JBJS.18.00024.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。