m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

デスモイド腫瘍のPFS、MRI T2高信号域と関連

2018年12月25日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 整形外科疾患その他

MRIを用いた経過観察中のデスモイド腫瘍患者37例を対象に、腫瘍進行の予測因子を検討すべく、臨床的または放射線学的特徴と無増悪生存率(PFS)との関連を評価。年齢中央値35歳、腫瘍サイズ中央値4.7c...

文献:Cassidy MR et al. Association of MRI T2 Signal Intensity With Desmoid Tumor Progression During Active Observation: A Retrospective Cohort Study. Ann Surg. 2018 Nov 9. doi: 10.1097/SLA.0000000000003073. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。