m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

前方整位型スプリントの有効性評価に下顎上下運動が有用

2018年12月20日  ソース:Chest  カテゴリ: 呼吸器疾患耳鼻咽喉科疾患その他

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)患者56例を対象に、下顎前方整位型スプリント(Herbst装置)の有効性を下顎上下運動から得られた呼吸努力指数(MM-REI)、無呼吸低呼吸指数(AHI)および酸素飽和度低...

文献:Martinot JB et al. Mandibular Movement Analysis to Assess Efficacy of Oral Appliance Therapy in OSA. Chest. 2018 Dec;154(6):1340-1347. doi: 10.1016/j.chest.2018.08.1027. Epub 2018 Nov 6.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。