m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

深層学習モデルでAMD重症度を自動分類

2018年12月21日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患

加齢黄斑変性研究AREDSに参加した4549例の両眼のカラー眼底画像(学習用5万8402枚、検証用900枚)を用いて加齢黄斑変性(AMD)重症度を自動分類する深層学習モデルDeepSeeNetを開発、...

文献:Peng Y et al. DeepSeeNet: A deep learning model for automated classification of patient-based age-related macular degeneration severity from color fundus photographs. Ophthalmology. 2018 Nov 21. pii: S0161-6420(18)32185-7. doi: 10.1016/j.ophtha.2018.11.015. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。