m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

EPAとアスピリンに大腸腺腫の再発抑制効果なし

2019年1月8日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患投薬に関わる問題

大腸線種を有する患者709例を対象に、エイコサペンタエン酸(EPA)およびアスピリンの大腸腺腫発症抑制効果を無作為化二重盲検プラセボ対照2×2要因試験で検討した(seAFOodPolypPrevent...

文献:Hull MA et al. Eicosapentaenoic acid and aspirin, alone and in combination, for the prevention of colorectal adenomas (seAFOod Polyp Prevention trial): a multicentre, randomised, double-blind, placebo-controlled, 2 × 2 factorial trial. Lancet. 2018 Dec 15;392(10164):2583-2594. doi: 10.1016/S0140-6736(18)31775-6. Epub 2018 Nov 19.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。